製造業の経営や工場の運営での悩みや課題の解決策

製造業向けソリューション

工場や物流倉庫の生産性向上

工場の歩留まり率を高めたい

生産ラインで、不良項目とその不良率を把握し、パレート図(QC7つ道具)を作成し、パレートの法則に基づいて最も不良率の高い項目から累積比率が2割となる項目までに絞ります。上位の項目に対し順番に、「ナゼナゼ?」により「真の原因」を追究し対策します。対策結果はマニュアル等に反映し、再発防止を徹底します。

製造業改善コンサルティング

物流の作業負荷を軽減したい

部材や仕掛部品、半製品等の運搬負荷が主となります。ポイントは2つ。まず、部材や仕掛品等の置き場の5Sを行い、「先入れ先出し(FIFO)」に注力します。もう1つが、運搬動線の長さです。各ルートが最短になるよう置き場のレイアウトを設計すべきです。各ルートは、ムダな動きがない「一筆書き」が原則です。

製造業改善コンサルティング


従業員教育・リーダー育成

従業員や外注先に生産技術を勉強してもらいたい

生産技術には、工場/ラインの企画・設計等の「工程設計」と、その実現に必要な各種の「固有技術」があります。現在、将来の工場建設や設備導入に際し、現有する生産技術で不足する技術を明確化し、自社で対応するのか否かの内外区分、適切な人材の選定または新規採用等、計画的推進が重要です。

生産技術研修


工場やラインの新設・移設

工場を刷新して生産性を高めたい

工場を刷新して生産性を高めたい場合、3つのステップで工場の刷新を行います。ステップ1:各工程の「部材・設備等の5Mベースの5S」による「7つのムダ」削除を徹底すること。ステップ2:機能・感性等の「顧客提供価値」を見直し、必要なプロセス、プロダクト、ビジネスモデルを変革すること。ステップ3:IoT導入や事務仕事を含む工程の合理 化/省人化を行うこと。工場の改修工事計画立案からご支援いたします。

製造業改善コンサルティング

ページトップ