経営理念をつくる目的とは?

会社が経営理念をつくる目的は何ですか?

経営理念をつくる目的は、会社の永続的発展の基礎を築くことです。社会的存在目的を明確にし、発展を目指す正当性を表明するためです。

会社が経営理念をつくる目的

会社は、顧客、社員、株主など、多くの人々の支持を得てこそ存続することができます。ですから、経営理念に表明された存在目的が多くの人の共感を得られる内容であるほど、会社の永続的発展へとつながります。経営理念づくりは永続的発展のための基本中の基本なのです。

このように、社長が会社の存在目的を探求し、答えを出し、「全社を挙げて、何としても成し遂げなければならない」という本物の経営理念を立ち上げた結果、社長の心に明確な使命感が宿ります。すると、あらゆる困難を前にして心揺れず、怯まない不動心が出てきます。肚の底から力が湧いてくるはずです。

さらに、社員たちが経営理念実現への社長の強い思いと行動に感化され、各人が経営理念に沿って考え、行動するようになります。そして、どこを切っても優れた仕事、サービスを提供できる優良企業への道が開けてゆきます。

経営理念の機能に関する質問に戻る

経営理念コンサルティングに戻る

ページトップ