経営理念コンサルティングでつくる「本物の経営理念」とは?

経営理念コンサルティングでつくる「本物の経営理念」とは、どのようなものですか?

経営理念コンサルティングでは、「人を動かす力を持つ理念」のことを本物の経営理念と言います。まず、社長の心に善念と熱意を灯すものであり、つぎに、経営幹部に自己変革を促すものであり、さらに、全社員の考え方と行動に強い影響を与えるものです。

経営理念コンサルティングでつくる「本物の経営理念」

本物の経営理念は、人の心を動かす力を持っています。では誰の心を動かすものなのでしょうか。

まずは、社長です。本物の経営理念が完成すると、例外なく社長ご自身の熱意がさらに高まります。そして、社長の熱意と理念の前に謙虚に努力する姿が、社長を支える幹部に伝わり、彼らの心を動かします。さらに、経営理念には「世のため人のため」という方向性が内包されています。その高貴さによって、多くの社員たちを感化し、動かす魅力があるものです。

正しい経営理念を全社員に浸透させることにより、社員一人ひとりが、仕事上で善悪を峻別できるようになり、また、実力が高まります。経営理念を学ぶことで、社員たちは自分の力で自分自身を豊かにする知恵が身に着き、仕事に対して肯定的になり、積極的になります。

このように、経営理念は会社に関わるすべての人の心を動かし、行動を変え、発展に向かう力を持っているのです。

経営理念の機能に関する質問に戻る

経営理念コンサルティングに戻る

ページトップ