Web集客コンサルティング

Web集客コンサルティングで成果が出にくい業種

Web集客コンサルティングで成果が出にくい業種はありますか?

確かに、成果が出にくい、もしくは成果が出せない業種はあります。それは、主に次の4種類です。

  1. 日用品などの単価が安い製品の販売
  2. クリーニングなどの地域密着ビジネス
  3. 製鉄所などの成熟した業種
  4. 入札でないと受注できない商品やサービス

このような、Web集客コンサルティングで成果が出にくい、もしくは出せない業種を知るという、逆を知ることで、「Web集客コンサルティングがどのような場面で高いパフォーマンスが出せるのか」が見えてきます。

日用品などの単価が安い製品の販売

Web集客コンサルティングのご相談をいただく企業様の中には、「天然素材の洗剤を開発したのでECサイトで販売したい」とか「特別なシャンプーを開発したのでWebで集客したい」といった、日用品のWeb集客に関するご相談をいただくことがあります。

商品に強みがあれば多少なりともWebで集客は可能ですが、日用品では、思ったよりもWeb集客は成功しません。なぜなら、費用対効果が悪いからです。

Web集客コンサルティングで、ホームページの改修工事を100万円で行ったとしましょう。1つ5,000円の商品がいくつ売れたら、その営業利益で100万円を減価償却風に補填していくことができるでしょうか?

1つ5,000円で、営業利益が10%だとすると500円です。100万円を500円で割ると、2,000本売れたらWeb集客コンサルティングの代金を取り返すことができ、それ以降が本当の儲けになります。

1つ500円の商品だとすると、20,000本の計算になります。

LPの制作やECサイトのSEO修正などで、2,000本や20,000本の売り上げは、時間がかかるものと思います。1日に5本売れるようになったとして、400日~4,000日かかります。

そもそも、日用品は近所のスーパーマーケットやドラッグストアーで購入する人がほとんどです。日用品をネットで購入しようとする人は、Amazonや楽天などのモールを利用します。

知らないブランドの商品をネットで購入する人は、それだけ稀なのです。

クリーニングなどの地域密着ビジネス

クリーニング屋や散髪屋、美容院などがそうですが、日用品よりも単価は高くなりますが、ほとんどの消費者がお店の場所を知っていて、競合他社と比較しても差別化がしにくい業種があります。いつも決まったお店に行くことが当たり前の、地域密着ビジネスがあります。

そのような業種の場合、Web集客をするよりは、近所にチラシやクーポンをポスティングした方が、費用が安く集客効果が高いはずです。

「わが社は地域密着だ」と言っている会社であったとしても、顧客が地域密着の会社を求めていない場合で、単価が高いものは、Web集客コンサルティングが機能する場合があります。

そのような業種は、リフォームや水漏れ修理、外壁塗装などです。確かに東京の戸建てにお住まいの人が、特殊な事情がない限り東北地方や中部地方の業者にはリフォームを依頼しません。必ず、近くの業者を探すはずです。しかも、ホームページを見て良さそうな業者にです。

製鉄所などの成熟した業種

成熟した業種には、製鉄所や自動車の販売などがあります。そのような業種に参入するためには、相当額の資本金が必要となります。かなりの大企業でも参入が難しいです。

鉄を大量に購入したい場合には、購入できるところは、日本には限られた数社しかありません。自動車の場合も同様です。

しかし、金属加工された部品は別です。小さな会社であったとしても、その会社が持っている技術、サービスの条件などを必要としている企業はあるはずです。

最近では、電力の自由化と称して、さまざまな企業が電力を販売できるようになりました。国内の電力は、北海道から沖縄まで、まったく同じ品質と言えます。そのような業種は、価格競争になりがちです。ネット検索で、最も安く電力を購入できる会社を探す人はいるため、Web集客は可能でしょう。

入札でないと受注できない商品やサービス

入札については、説明する必要はありません。入札でしか受注できないのであれば、いくらWeb集客に力を入れても顧客は増えません。

ただし、建築物の点検会社で、その点検を専門に行っている会社が国内に数社しかないといった、特殊なケースがあります。その場合は、国内の業者の中で、Webでの訴求方法を最も工夫すれば、通常は入札でしか受注できないものでも、ご指名で受注できる場合があります。過去、実際にそのようなケースを経験しました。

Web集客コンサルティングで成果が出やすい条件

最後に、Web集客コンサルティングで成果が出やすい条件をご紹介いたします。あくまでも成果が出やすい条件ですので、実際にWeb集客を行わなければ、結果は判らないことを、あらかじめご了承ください。

粗利の大きい商品

粗利の大きさは、Web集客コンサルティングに対する費用対効果に関わってきます。Web集客コンサルティングの費用が同じだとすると、粗利が大きい商品の方が、売れたときのリターンが大きくなります。つまり、成果が高くなります。

商品や解決策をネットで探している人が多い

Web集客ですので、ネット検索からの集客手法(SEM)を駆使して行います。そのため、貴社の商品やサービスをネット検索で探している人が多ければ多いほど集客がしやすくなり、成果も大きくなる可能性があります。

貴社の商品やサービスを、どのような検索キーワードで探している人がいるかを探すことを、Web集客コンサルティングで分析しています。

商品の欲しさの度合や困っている度合が高い

世の中のほとんどの仕事は、「お困りごとの解消」と言っても過言ではありません。商品の欲しさの度合や困っている度合が高い場合は、その最適なソリューションが提供できれば、集客効果が高まります。

クライアント企業様の商品やサービスを分析して、ネット検索する人とどのようにマッチングするかを考えることは、Web集客コンサルタントの仕事の一つです。

世の中に知られていない商品はSEMで売れるのか?

SEMとは、検索エンジンマーケティングの略で、ネット検索からの集客を行うことです。世の中に知られていない商品をSEMで販売できるかどうかは、「できる可能性が高い」ということをお伝えしておきます。

世に知られていない商品であったとしても、何らかのお困り事の解消ができるはずです。そのお困り事に関する検索キーワードでSEMを行うことで集客が可能となります。

そのための手法は、SEOコンテンツ・マーケティングとランディングページとの組み合わせです。SEOコンテンツ・マーケティングの手法は、こちらをご覧ください。

集客力・売上アップに関する質問に戻る

Web集客コンサルティングに戻る

ページトップ