コンサルタントへの道

製造業の中小企業がECサイト制作で失敗しない方法

投稿日:

製造業の中小企業がECサイト制作で失敗しない方法

ECサイトを制作し、見込み客へのアプローチや新規顧客獲得、売上アップを目指している製造業の中小企業へのアドバイスです。

ECサイトとは、ネット上で商品やサービスを販売するホームページのことです。一般的には、カートシステムが組み込まれたホームページのことを指します。製造業の自社で開発した製品や仕入れた製品を、ホームページで販売することができます。

このコラムでは、製造業の中小企業がECサイトを持った場合に、ほとんどの会社が経験する失敗する箇所をご紹介いたします。失敗とは、ECサイトで製品がほとんど売れず、ホームページの制作代金すらまかなえないということです。

私は決して「製造業の中小企業はECサイトを持ってはいけません」とは言いませんが、「しっかり検討してください」と申し上げたいのです。このコラムで「自社は、まず何をすべきなのか」をご検討いただけたらと思います。

もくじ

ECサイトに期待することの勘違い

ECサイトの制作は、ホームページ制作会社に依頼することでしょう。まず、ECサイトに期待することの勘違いから正したいと思います。ここを正さなければ、次の話に進みません。それは、

ECサイトを持っても、売上アップするとは限らない

ということです。「ホームページのプロに依頼するのに、売上アップしないとはどういったことか?」と思われるかもしれません。

もう一つの勘違いを正してみましょう。それは、言い換えれば、

ホームページ制作のプロは、売上アップのプロではない

ということです。立派なホームページを制作できることを、ホームページのプロと言えることでしょう。しかし、ホームページを立派に制作できる人は多くても、マーケティングや集客手法まで示すことができる人は少なくなります。また、マーケティングや集客手法を実施できる人は、さらに少なくなってきます。

ホームページを制作して売上アップをしたいのであれば、Web集客コンサルタントに依頼すべきなのです。

情報のベクトルが真逆になるハードル

多くの製造業の会社からご相談いただくことは、「新規顧客を獲得したい」ということです。そこには大きく2つの理由があると思います。

  1. 売上高アップを図りたい
  2. 1社依存から脱却してリスク分散したい

どちらの理由でもECサイトで実現するためには、情報のベクトルを「顧客 ⇒ 自社」だったものから「自社 ⇒ 顧客」に変えないと解決できない問題です。

この情報のベクトルについてご説明します。

今までは顧客からの要求に応えていた営業スタイル

決してお怒りにならないでください。事実として、多くの製造業からご相談を頂く中で、やはり営業は貧弱なところが多いです。

今までの営業方法は、既存顧客回りをして「何かご要望はありませんか?」と聞いて回ることが多いことでしょう。顧客から「こんなものを製造できないか?」といったご要望が発生しなければ、引き合いがないのです。

この流れは、顧客から製造会社に要望をします。つまり、情報のベクトルは「顧客 ⇒ 自社」なのです。

この場合のPR内容は、例えば「私はステンレスの板金をしています。何かご要望はありませんか?」といった単純なものです。客からすると、聞かれた瞬間に要望がなければ「間に合っています」と言わざるを得ません。

たまたま、「では、このようなものは製造できるか?」と聞かれ、見積を出しても、「高い」と一言で断られる可能性が高いことでしょう。

そこでECサイトに「新規見込み客から注文が来たらいいな」と期待します。今までの営業スタイルのままであれば、製品の説明文も単純な内容になり、引き合いは望めるものでありません。

ECサイトは見込み客に提案する営業スタイル

ECサイトを持つと、見込み客がネット検索で自社を探してくれる可能性があります。つまり、製品を探している人がネット検索して訪れる可能性があります。

そのような人は、他のホームページと見比べて、何社かに見積依頼をすると思います。その中に選ばれるためには、製品の情報をしっかり掲載する必要があります。なぜなら、知りたい情報が掲載されていなければ、すぐに「×」をクリックするからです。

例えば、金属部品を販売するのであれば、部品毎に次のような情報を掲載する必要があります。

  • 形状
  • 寸法
  • 金属の材質
  • 重さ
  • 焼き入れ
  • 説明文
  • 用途
  • 強度などの特性
  • 使用上の注意点
  • 価格
  • 注文単位
  • 購入方法
  • 配送方法

情報のベクトルで言うと、自社から「このような製品は欲しくないですか?」と提案するスタイル。つまり、「自社 ⇒ 顧客」です。見込み客は、この提案を受けて金属製品の購入を検討するのです。

また、ネット検索者が求めていることは、情報だけではありません。ここは大切なことなのですが、「手っ取り早さを求めている」のです。知りたい情報が掲載されていると、わざわざお問い合わせする手間が省け、手っ取り早くなります。

だから故に、ネット検索者が知りたい情報をしっかりと掲載する必要があるのです。

製品掲載の煩わしさ

さて、情報をしっかりと掲載しないといけないことは分かりました。ここで、情報をしっかり掲載することのハードルについてご説明いたします。

ECサイトで自社製品を販売する場合には、販売したい製品をECサイトに登録していかなければなりません。つまり、上記のような情報を製品毎に掲載していく必要があります。

製品の情報を掲載することは良いとしましょう。がんばって調べたら、それで済むことです。ところが、次の2点は、いかんともしがたいものです。

  1. 説明文の作成
  2. 製品の登録作業

なぜ、このような単純な2つのことが、いかんともしがたいものなのか、ご説明いたします。

説明文の作成

多くの人が、製品の説明文は簡単に書けるものと勘違いしています。「営業に行ったときに説明していることを、そのまま書けば良い」と言われることもありますが、そういった人でも簡単には書けないのです。

書けない理由は、説明文を書こうとすると、思ったよりも時間がかかるからです。例えば、このコラムを書いている私ですが、集中してスラスラ書いても4時間ほどかかっています。

初めて説明文を書く人になると、400字の原稿の半分、200字で30分ほどかかるのです。

それを、100種類の製品の説明文を書くとなると、2週間ほど集中して文章を書くことにだけに取り組む必要があります。普段の業務もしながらになるため、2か月でも難しくなることでしょう。

ECサイトを制作してくれる業者に、「説明文ぐらい簡単に書いてよ」と依頼する人もいるぐらいです。製品のことを知らない人が、説明文を書くことは不可能です。

ですので、ECサイト制作業者は、最初から「文章は貴社で作成してください」となり、依頼者としては何度も何度も「待ってください、待ってください」と言い続けることが多いです。

製品の登録作業

次に製品の登録作業が、いかんともしがたいものになります。

初回の登録は、ECサイト制作業者が行ってくれることが多いです。それ以降は、登録に別途費用がかかるため、自社で行うことが多いです。

ECサイトが完成して安心したところで、ECサイト制作のために滞っていた通常業務をこなす必要があります。その間に、ECサイトの製品登録方法を忘れてしまうのです。

通常業務によって、写真を撮影する時間や説明文を書くは後回しです。通常業務が終わったら疲れてしまい、「ECサイトは明日でいいや」となると、それが1か月後になり、半年後になります。

そうしているうちに、ECサイトの更新すら行われなくなり、古い情報が掲載されたまま1年、2年と時間が経過していくのです。

「そのようにはならない」と思われる方もいることでしょう。しかし、ほとんどの会社でそうなっていることを見ると、これがセオリーだと思われた方が良いです。

何の情報収集も下準備もなく、思いつきでECサイトを発注してしまった製造業の中小企業で現実に起こっている日常なのです。

ECサイト制作の担当者にふさわしい人材とは?

情報がしっかりと掲載されたECサイトを構築するためには、次の2つの条件を満たす人材が望ましいです。

  • 製品や顧客のことを把握している優秀な人材
  • その人材が通常業務から離れてECサイト専属になる

ECサイトの制作は、会社をイノベーションさせるための投資ですから、これぐらいの人材の当て方で当然のことと思います。

間違っても、「パソコンが得意だから」という理由でECサイトの担当者を決めないでください。パソコンが得意な人は、製品や顧客のことを知っているとは限らないので、アシスタントにするぐらいでしたら良いですが、リーダーに据えてしまったらECサイトがムダになります。

ECサイト制作の目的は?

ここでECサイト制作に取り組む理由を考えたいと思います。それは、冒頭にも述べたように、売上高アップを図りたいことと、1社依存から脱却してリスク分散したいことです。つまり、会社の存続のためにECサイトを制作するという選択をしています。

そのような至上命題とも言える問題の解決を、ECサイトを制作する目的にして良いものかどうか。そのような至上命題の解決にECサイトが有効なのかを検討いたします。

現在の会社の姿は過去に取り組んだ未来事業の結果

今現在の会社の姿は、過去に投資してきた布石が現実となって現れたものです。過去の投資が失敗していたら、現在の売上は落ち込んでいることでしょう。投資に成功していたら、現在の会社は予想通りの利益が出ているはずです。

ECサイト制作の目的でもあった、売上高のアップや1社依存からの脱却は、過去から考えてきたことだとすると、過去の布石が間違っていたか、行動しなかったかのどちらかでしょう。

過去の布石が間違っていたのであれば、経営の知識や情報が足りなかった可能性があります。行動しなかったのであれば、怠惰であったか、行動するための知識や情報の不足が原因でしょう。

現在も知識や情報が不足しているとしたら、その状態でECサイトを制作しても、未来は同じ結果になりそうです。

まずは、ECサイトを制作するのではなく、Web集客の知識や情報を収集されてはいかがでしょうか。ご要望であれば、私がしっかりとお教えいたします。

ECサイトは有効か?

ECサイトが売上アップや新規顧客獲得に貢献してくれるかどうかですが、結論から述べましょう。

しっかり計画されたECサイトは有効です。

しっかり計画されたことがポイントですが、それは、自社製品をしっかり把握し、市場のニーズをつかみ取り、別のPR方法を検討した上でのECサイト制作であれば、有効だと言えます。

できれば、経営計画を立案して、その中にECサイト制作が盛り込まれることが望ましいです。

ECサイト制作の前に取り組むべきこと

以上のことから、ECサイト制作の前に取り組むべきことは、次の4点です。

  1. 自社製品を把握すること
  2. 市場のニーズをつかみ取ること
  3. さまざまなPR方法を検討すること
  4. 経営計画を立案すること

これら4つについて解説いたします。

製品の把握

多くのECサイトを制作したいと考えている製造業の会社で見てきたことをご紹介します。おそらくは、貴社もそうだと思います。それは、

  • 製品の種類をすべて把握できていない
  • 製品のスペックをすべて把握できていない

「把握できているよ」と言われる企業でも、ホームページの制作が進んでいる段階で、「そう言えば、この製品もあったから、追加してほしい」と後出しされることすらあります。私の経験から、20種類以上の製品を扱っている企業は、製品担当者ですら把握ができていないと思った方が良いです。

そのような状態で今まで営業に出ていたのです。そのような状態であれば、「おたくは何を製造できるのか」と聞かれても、「何でも言ってください」となります。それだと専門店に勝てません。

カレーを食べたい場合はファミレスに行かずにカレー専門店に行くように、何かの専門性を出した方が売れます。

製品をすべて把握して、自社が何に対して専門性が出せるのかを理解することです。

また、製品によってはECサイトよりもランディングページの方が有効な場合もあります。製品の性質や売れる条件も把握しておくべきです。

市場のニーズをつかむ

市場のニーズに合致しないものは売れません。製品ラインナップを把握し、市場のニーズに合った製品がなければそれを増やし、ニーズに合わない製品を削減していきます。つまり、製品ラインナップをイノベーションします。

製品ラインナップのイノベーションで、もしかしたら売上高アップが図れる可能性があります。また、市場のニーズに合致したものをリリースすれば、その噂を聞きつけた新規顧客が獲得できる可能性もあります。そうなれば、ECサイトは必要ありません。

市場のニーズは何も製品だけではありません。買い方も顧客のニーズの中の一つです。市場のニーズの中に、「ECサイト経由で購入する」ということをつかんだのであれば、ECサイトの制作を検討すべきなのです。

角度の高い市場ニーズをつかむためには、顧客を絞り込むことも大切です。

さまざまなPR方法を検討

製品のPR方法には、ECサイト以外にもさまざまな方法があります。例えば、

  • カタログやチラシの配布
  • DM
  • ランディングページ
  • SNS広告
  • 動画広告

要するに、自社の製品が売れて売上高がアップしたり、新規顧客が獲得できたら良いわけですから、ECサイトに限定することはありません。

このような、さまざまなPR方法の性質やコストを把握し、費用対効果を検討して、その中でECサイトの制作が有効だと判断されたら、ECサイトを制作しても良いでしょう。また、これらを組み合わせることも、おすすめです。

これらのPR方法の効果を把握するやり方、範囲を狭めてテスト的に実施すると良いでしょう。

経営計画の立案

経営計画の立案は長くなりそうなので、ここでは詳しくは述べませんが、経営計画は未来に目を向けて、経営理念に基づいて、なおかつ具体策が示されたものでなければなりません。

その具体策の中に、ECサイトの制作が盛り込まれたのであれば、ECサイトは未来投資としての社長命令ですから、実務がおろそかになっても最優先で実施する必要があります。

説明文の作成や登録作業の面倒さもありますが、それは未来投資としての社長命令です。ECサイト制作専門の担当者を、社長直轄で置くぐらいの方針転換が望まれます。

ECサイト制作の前に取り組むべきこと4点をご説明しましたが、これらのことを行うことも、初めての会社であれば時間のかかるものばかりです。これらのことを手っ取り早く行って、時間を節約したい場合は、Web集客コンサルティングをご依頼ください。


「コンサルタントへの道」一覧に戻る

ページトップ