コンサルタントへの道

コンサルタントとして独立起業するときに大切なこと

投稿日: / 最終更新日:

コンサルタントとして独立起業

今の時代は、とても優秀な人材が企業から流出しやすいときであると思います。そのような優秀な人が、お勤め先の会社を辞めて独立起業をするときに、「コンサルタントになって独立する」という選択肢があります。

コンサルタントとして独立起業するときに、もっとも大切なことをお伝えいたします。それは、

家族の生活を守れるか?

コンサルタントとして独立する場合、知識や知恵を付加価値に変換する仕事ですので、元手はほとんどかかりません。しかし、毎月生活費が出ていきますので、クライアントがいない状態を長く続けるわけにはいきません。

そこで、ご提案したいことが、「独立起業するときに、営業先や顧客がいること」です。

能力の高い自分としては、自分の実力を試したいところでしょう。しかし、この条件を満たさないと、独立することを、家族から猛反対されます。

おすすめは週末コンサルタント

そこで、コンサルタントとして独立起業する前に、会社にお勤めのまま、週末コンサルタントになることをお勧めします。

週末コンサルタントとは、平日の昼間は会社に勤めていて、土日や平日の夜に個人的にコンサルティングのお仕事う受け持っているコンサルタントのことです。

もし、今お勤めの会社が忙しくて、日曜日や祝日しか時間が取れなかったとしても、クライアント社長にも同じ条件の人がいるはずです。日曜日や祝日に個人的に仕事をして、ある程度の自信がついて、しかも収入をある程度見込むことができるようになってから、独立起業しても良いと思います。

ただし、お勤めの会社から顧客を奪う行為はしてはいけません。

どうしたらコンサルタントになれるのか?

どうしたらコンサルタントになれるのか?

どのような人でも、クライアント様の悩みを解決している仕事をしています。飲食店であれば、「たまには外で美味しい料理を食べたい」という悩みを解決しています。

飲食店に訪れたお客様が、何を注文しようか迷うことがありますし、注文するワインに迷っていることもあります。フロアー担当のスタッフであっても、お客様が困っているときに、ご希望を聞いて最適な料理や飲み物を提供したとしたら、これも悩みを解決したことになります。

そういったことから、収入につながるかどうかを別として、仕事をしている人は誰しもソリューション提供をしています。

そのようなソリューション提供の中で、お客様の困っていることに対して、解決策やアイデアなどを提供する人のことを、コンサルタントと言います。

コンサルタントになる方法は簡単です。自分がコンサルタントだと宣言をするだけです。難しい資格は持っているに越したことはありませんが、基本的にいりません。

しかし、これが難しいのです。

なぜならば、コンサルタントと宣言をしても、「あなたは、確かにコンサルタントだ」と認めてもらわなければなりません。そうしないと、仕事が入ってこないからです。最初は、自信も出てきません。

コンサルタントとして認めてもらえるかどうかは、クライアント様に一定以上の価値を提供できたかどうかで決まります。

大切なのでもう一度述べますが、コンサルタントになるためには、資格を持っているかではなく、クライアント様に価値を提供できるかどうかです。つまり、資格を持っていても、価値が提供できなければ、コンサルタントにはなれません。

クライアントが何に価値を感じるのか?

PR方法

コンサルティングの何にクライアント様が価値を感じるかは、当たり前ですが、

価格以上のソリューションを提供できたか?

ソリューションとは、問題解決手法です。そして、価格以上のソリューション提供をして、「お金を払っても良い」と思ってもらえることが求められます。

クライアント様は、何か問題や悩みを抱えています。場合によっては、その問題のために1週間以上悩むこともあります。問題を解決できるソリューションを提供することに、コンサルタントの価値があります。

クライアント様は、悩みを持っています。その悩みのために被る損害を、コンサルタントが解決をします。そのときのコンサルティング費用を、損害よりも小さく抑えられたら、価値のあるコンサルティングだと言えます。反対に、会社の発展速度がコンサルティングによって加速されたとします。そのときに得られた利益が、コンサルティング費用よりも高ければ、価値のあるコンサルティングだと言えます。

コンサルティングの満足度は、価値の提供だけで得られるものではありません。満足度には、他の要素が加わります。その一つに、コミュニケーション力があります。

コンサルタントは、クライアント様とのコミュニケーションがしっかり取ることができたら、クライアント様の満足度が高まりやすいです。

チームコンサルティングIngIngでは、高度なコミュニケーション力を身に着けるための研修として、コーチング基礎講座を開催しています。

まずは修行を

コンサルタントになったばかりの方は、実績がありません。実績のある人と比べたら、見劣りをしてしまい、独立の自信や勇気が出ないことがあります。

そこで、どこか名のあるコンサルティング会社で修行をすると良いと思います。

ある程度の実績を積み、自信を付けてきたら、今度は個人的にPRをしていきます。

PR方法の一案

いくら価値の高いコンサルティングを提供できたとしても、クライアント様に知られなければ雇ってもらえません。そのために、提供できる価値をPRする必要があります。ここで、どのような価値を提供するのかと、PR先が問題となることでしょう。

またPRは、企業にお勤めのときであれば、注意が必要となります。

知り合いにサービスをPRするなら問題ないと思いますが、マッチングサイトやコンサルタント派遣などに登録すると、外部で仕事をしていることが会社に知られてしまって、立場が悪くなる可能性もあります。自分のホームページを制作してPRしたら、確信犯になります。

そこで、お勤めの会社には「スキルアップ」と称して、すでに活躍しているコンサルタントの弟子となって、師匠からしっかりと技術を学びます。そして、会社を辞めた後に、師匠から小さな仕事を譲ってもらうことも、一つの方法でしょう。

チームコンサルティングIngIngでは、それぞれのコンサルティング分野で、コンサルタントを目指している方々をご指導しています。ご興味のある方は、ご連絡ください。

平野亮庵

Web集客コンサルタント
平野 亮庵 Hirano Ryoan

ホームページを活用した最先端の集客手法をベースに、マーケット分析や集客企画、SEO対策、SEOコンテンツマーケティング、ホームページ制作等を行っています。チームコンサルティングIngIngでは、マーケティングと営業を担当しています。


「コンサルタントへの道」一覧に戻る

ページトップ