社長の夢実現への道

会社を成長させたトップは知っているナンバー2の必要性

投稿日: / 最終更新日:

ナンバー2の必要性

創業社長の多くはアイデアが豊富で、何か商品やサービスを生み出すことが得意な人が多いです。

当社のお客様でも、営業畑であったり、経理・人事を得意としてきた社長は、ほとんどいません。しかし、営業や経理・人事の出身であったとしても、独立起業したときには、商品やサービスの開発を余儀なくされることが多いです。

その商品やサービスが売れだし、株式会社にして自信が出てきます。そのときに、社長に志が芽生え、会社を大きくしたいと思う人も出てきます。

そういった社長の志を実現するためには、必ずと言ってよいほど、協力しあえる理想のナンバー2と手を組むべきです。

一代で会社を大きくした社長は、このナンバー2の必要性を知っているはずです。

このコラムでは、ナンバー2との役割分担、理想のナンバー2との出会い方、負けず嫌いの社長の注意点など、ナンバー2といっしょに会社を成長させるトップの心構えについてまとめました。

会社成長の条件となるナンバー2との役割分担

会社は社長の実力によって、その大きさの範囲が決まると言われています。当社はまだまだ小さいものですので、私も実力を高める必要があると痛感しています。

明治時代から昭和までに、個人事業レベルから大企業まで成長させられた、偉大な結果を残された社長を調べていると、必ずナンバー2と役割分担で会社経営をしていることが分かりました。

理想のナンバー2を引き寄せて、力を合わせて会社を急成長させることに成功したとすると、理想のナンバー2を引き寄せることも社長の実力と考えることができます。

ナンバー2の主な役割

ナンバー2の主な役割は、もちろん社長の補佐役として、社長の苦手とする業務を代行してくれる人物です。その主な役割としては、次の2つです。

  1. 資金調達
  2. 販路拡大

この2つができるナンバー2は、社長がアイデアマンであるほど、会社の成長に顕著に効いてくるように思います。その代表例としては、本田宗一郎と藤沢武夫でしょう。

本田宗一郎は、言わずと知られた本田技研工業の創業者です。しかし、会社を実質的に経営をしていたのは藤沢武夫でした。

本田宗一郎は、浜松のエジソンと称されるぐらい、天才的な発明を数々行います。その発明に将来性を感じ、資金を出資する人はいました。しかし、本田宗一郎を自由に研究させるほどの度量のある人物はいませんでした。

藤沢武夫は、本田宗一郎が苦手とするところをすべて担い、本田宗一郎は自由に研究できるようになり能力が発揮できました。その結果、2人が巡り合ってから10年ほどで世界一のオートバイメーカーに成長させることに成功しました。

本田宗一郎を支えた藤沢武夫の役割

藤沢武夫は、本田技研工業で次のような役割を担い、本田宗一郎の夢を次々と実現させていきました。

  1. 資金調達
  2. 販路拡大
  3. マーケット調査と新商品の方向性
  4. 業務改善
  5. 経営幹部育成

これだけ見ても、ものすごい能力だと思います。これだけの能力がありながら、本田宗一郎との出会いで、すぐさま共同経営を名乗り出て、自分の会社を畳んでいます。このようなナンバー2と出会えたらいかがでしょうか?

ナンバー2との出会い方

さまざまな偉人を調べていると、理想のナンバー2との出会いは、家族であったり友人からの紹介であったり、たまたま入社してきた人であったりとさまざまです。共通するところとしては、理想のナンバー2との出会い方には、いくつかのお作法があるようです。

理想のナンバー2を求めること

当たり前のことですが、何事にも求めて行動しなければ、欲しい結果を得ることはできません。ナンバー2も、求めて候補者と会うことをしなければ、出会うことはありません。

また、どのようなナンバー2を求めるのか、明確にしていくことで、理想的なナンバー2と出会いやすくなります。どのような人物が自分のナンバー2として相応しいのかがわからなければ、理想のナンバー2と出会ったとしても、気が付かない可能性があるからです。

まずは、ナンバー2を求めること。そして、どのようなナンバー2と出会えたら自社が発展するのかをお考えください。

類は友を呼ぶ

いい人の元にはいい人が集まるように、志のある社長の元には、志を支えるナンバー2が集まります。社長は、常に徳を磨くようにしてください。

徳のある人とはどういった人のことでしょうか? 徳とは、とても古い言葉ですが、志のある社長には大切なことです。

儒教で基本的な3つの徳として、「智仁勇」があります。智とは智恵ある人のことです。人一倍に学んでいて、智恵のある人ことで、学徳という言葉もあります。仁とは愛あふれる人のことです。徳のある人とは、自分のことよりも他人の幸せを先に考えられる人のことと言えます。勇とは勇気のことです。

三顧の礼

「三顧の礼」とは、三国志の故事で、劉備玄徳が諸葛孔明に会うために三度も訪問するというストーリーです。

三国志の時代、漢(かん)を再興させるために、劉備玄徳は奔走しますが、努力が実りませんでした。齢47の劉備は、「戦いに勝って夢を実現するためには、参謀が必要だ。諸葛孔明という優秀な人材がいるらしい。」と噂を聞きつけ、27歳の諸葛亮の元を訪れます。

ところが、諸葛亮には居留守をつかわれてしまい、共に赴いた者からは、「そのような失礼なやつを迎え入れる必要はない」と言われます。

ところが劉備は、「どうしても私に必要な人材なのだ。何度でも足を運んで、私の願いを聞いてもらうのだ。」と、三度目の訪問で初めて会うことができます。

諸葛亮はその態度に感激し、劉備に一生仕え、劉備亡き後も劉備の夢を引き継いでいきました。

「貴人に出会う」という言葉もありますが、本当にナンバー2を求めるのであれば、謙虚な気持ちで人材を求めるというスタンスを持つことが大切だと教えてくれる故事です。優秀なナンバー2は、そういったトップの徳に引き寄せられるものなのです。

ナンバー2が現れるまですべきこと

ナンバー2が現れるまで、社長がすべきことがあります。零細企業であれば、すべてのことです。

「すべてとは、どのような内容ですか?」と聞かれることはあります。その内容とは、「経営理念に基づいた経営計画を実現するための、事業構造のすべての意思決定」です。経営理念や経営計画のことは、述べるまでもないことでしょう。

事業構造には、基本的に次の7つがあります。

  1. 市場
  2. 商品・サービス構成
  3. お客様構成
  4. 仕入れと販売
  5. 人員構成
  6. 未来事業の構想と推進
  7. 財務

「どれぐらいやれば良いですか?」と聞かれることもありますが、7項目の詳細は別途ご紹介するとして、「あとは天命を待つ」というぐらいまでです。

ナンバー2が現れると、社長が苦手とするところを担ってくれるはずです。

負けず嫌いの社長

ナンバー2との出会いでも大切なのですが、負けず嫌いのお話をしたいと思います。社長は、多くの人が負けず嫌いであることでしょう。この負けず嫌いの性格が、良い方向に出ると有益となりますが、悪い方向に出て害毒を出す場合があります。

社長が負けず嫌いであることの有益

負けず嫌いの性格は、会社の発展につながる場合があります。これは、負けず嫌いが有益となるパターンです。

本田宗一郎は、かなりの負けず嫌いの性格だったようです。オートバイレースに出場して負けたときには、涙を出しながら悔しがったと言われています。そのようなことで、「次回には、もっと高性能なエンジンを開発するぞ」という具合に、会社の発展につながりました。

社長が負けず嫌いであることの害毒

社長の負けず嫌いの性格が害毒になるパターンとしては、優秀な従業員に対して、自分が負けることを認められないことです。

そういった社長は、能力の高い従業員を高く評価できなかったり、能力のなくて言うことを聞いてくれる従業員に役職を付けたりします。すると、優秀な人材が離れていってしまいます。このことは、ナンバー2候補に対しても同様です。

次のような兆候のある社長は要注意と言われています。

  • 自慢話が多い
  • 従業員を信頼できない
  • 自分のミスを反省ができない

従業員に感謝を伝えられるか

負けず嫌いの性格が害毒になってきていると感じた場合には、従業員に感謝を伝えるようにしてみてください。従業員は社長から感謝されると、あたかも報酬をもらったかのような感じになります。

感謝の気持ちを伝えることは、もちろんコストはかかりません。無料なのですが、社長からの心からの感謝は、効果絶大です。

感謝をされた従業員は、社長から認めてもらったことになるので、嬉しくなって「社長のためのもっとがんばろう」と協力的になります。

そして、人の評価を私的な好き嫌いでなく、公平な評価ができると、ナンバー2もトップに協力することができるようになります。

ダメなところを指摘できるか?

感謝ばかりでも、問題が出ることがあります。それは、憎まれたりすることを嫌がる社長の中には、従業員のダメなところを指摘できない人がいます。ここで、「従業員を褒めて伸ばすのが、我社の方針だ」と指導を放棄してしまうという具合です。

感謝をすると、社長にとって良いと考えるものを従業員は理解しますが、ダメなものは何かを理解できません。従業員の行いがダメな場合には、それを叱ることが必要です。

ここで、「叱る」と「怒る」を間違えないようにしてください。

叱る場合のコツは、怒りを出さずに、淡々とダメな部分を伝えることです。

もし怒ってしまったら、後で謝るぐらいの度量を持つことが大切です。

以上、ナンバー2の必要性やナンバー2との出会い方についての述べました。会社を成長させるためには、理想のナンバー2の他にも、経営参謀や秘書、メンターもいた方が良いでしょう。経営参謀やメンターであれば、当社のコンサルタントもお役に立てるはずです。

志のある社長の参考になれば幸いです。

この記事の著者

平野亮庵

経営・集客コンサルタント
平野 亮庵 (Hirano Ryoan)

経営全般からマーケット分析、集客コンサルティング、SEO対策、SEOコンテンツ・マーケティング、ホームページ制作等を主に行っています。Web集客と併せて、新商品開発やブランディングの支援など、クライアント企業が競合企業に勝つためのコンサルティングを提供しています。

プロフィール詳細


「社長の夢実現への道」一覧に戻る

ページトップ