社長の夢実現への道

SEMコンサルティングの種類と支援内容

投稿日: / 最終更新日:

SEMコンサルティングとは?

SEMコンサルティングの種類

SEMとは、検索エンジンマーケティングの略で、検索エンジン経由で集客をする手法のことです。

そして、SEMコンサルティングとは、検索エンジンで集客するためのコンサルティング支援のことです。実務支援を伴う場合が多いです。

SEMコンサルティングを行ってくれる人のことを、SEMコンサルタントといいます。検索エンジンは、日本国内では90%以上のシェアでGoogleが利用されているので、GoogleでのSEMが主な支援内容です。

次の目次に沿って、SEMコンサルティングの種類やメリット/デメリット、支援内容をご説明いたします。

SEMコンサルティングの種類

Googleでネット検索して集客する方法には、「リスティング広告」と「SEO対策」によるWeb集客が主流です。つまり、SEMコンサルティングの種類は、次の2種類あります。

  1. リスティング広告によるSEMコンサルティング
  2. SEO対策によるSEMコンサルティング

当社は、2番目のSEO対策によるSEMコンサルティングが強みです。

SEMコンサルティングの主な支援内容は、リスティング広告とSEO対策で共通する内容と、大きく異なる内容があります。後ほど、それぞれご説明いたします。

リスティング広告とSEO対策のメリット/デメリット比較

「リスティング広告」と「SEO対策」のどちらの方法で集客しても同じようなことと思われるかもしれませんが、それぞれにメリット/デメリットがあります。それらを簡単にですが、まとめたいと思います。

リスティング広告のメリット/デメリット

メリット

  • 基本的には、費用をかければ、上位表示させたいキーワードでの検索結果に表示させることができる
  • クリックする人は広告宣伝あることを承知してクリックしてくれる

デメリット

  • クリック課金であるが、表示させるために費用がかかり続ける

リスティング広告の最大のメリットは、すぐに検索結果に表示させられることです。ただし、費用をかけ続ける必要があります。

SEO対策のメリット/デメリット

メリット

  • 一度上位ヒットすると、上位ヒットしたままになりやすい
  • SEO業者との契約にもよるが、SEO対策の料金は延々とかかり続けない

デメリット

  • 難易度の高い検索キーワードほど上位ヒットするまでに時間がかかる
  • 上位ヒットさせるための知識や技術が必要
  • ロングテールSEOを行うためには多大な労力を必要とする

SEO対策の効果が出てたくさんのキーワードで上位ヒットしたホームページは、SEO対策の費用をかけなくても集客し続けてくれるようにもなります。つまり、ホームページが資産として残ります。

しかし、そのようになるまでに多大な労力を必要とします。

リスティング広告とSEO対策は、それぞれ一長一短あるので、両方を使い分けて活用すると良いと思います。トータルの費用だけを見ると、結果的にはSEO対策の方が安価になると思います。

集客を急ぐ企業の場合、最初は両方の施策を行い、少しずつSEO対策の効果が現れてきたらリスティング広告の費用を抑えていくことが一般的です。集客を急がないのであれば、SEO対策から始めると良いと思います。

共通する支援内容

リスティング広告とSEO対策で共通する支援内容は、「どのような検索キーワードで上位表示させたら集客に結び付くか」ということを考慮して、検索キーワードを選定することと、ホームページに訪問されたときに集客につながるような動線設計を支援することです。

検索キーワードの選定

ネット検索する人で、商品や業者を探している人が利用する検索キーワードがあると思います。例えば、「SEO対策 格安 おすすめ」といった具合の検索キーワードですと、SEO対策を利用したい人が検索するキーワードと言えます。

しかし、商品や業者を探す検索キーワードで上位表示されたとしても、その検索キーワードの検索回数(検索ボリューム)があまりにも少ない場合には、集客に結び付きにくくなります。

よく検索されているキーワードでの上位表示を狙うか、少なくても良いのでたくさんの検索キーワードで上位表示させるかですが、その両方を提案されると思います。

当社のSEMコンサルティングでは、お客様の事業内容やご事情などにもよりますが、多いときには500種類以上の検索キーワードでSEO対策を行います。

動線設計

動線設計とは、ホームページに訪れた人が商品の購入やお問い合わせなどをしてくれる流れを考慮して、ホームページのページ構成やコンテンツの配置を設計することです。

リスティング広告とSEO対策では、具体的な施策内容は異なりますが、どちらのコンサルティングでも動線設計を行います。

リスティング広告のメリットの一つは、訪問者に見せたいページのURLを直接設定することができることです。リスティング広告を支援してくれるSEMコンサルタントによっては、ランディングページを提案・制作して、集客につながるように支援してくれます。

SEO対策の場合は、ランディングページの制作やSEO対策の提案はもちろんのこと、「ロングテールSEOでのアクセスからランディングページに結び付けて集客する」といった動線設計も提案してくれるSEMコンサルタントもいます。

当社のSEMコンサルティングでは、ロングテールSEOでたくさんの検索キーワードにて上位ヒットを目指すことはもちろんのこと、ホームページの動線設計も入念に行うようにしています。

ロングテールSEOについてもっと知りたい方は、「ロングテールSEOとは?メリットや効果的な企業など」をご覧ください。

リスティング広告特有の支援内容

リスティング広告特有のコンサルティング支援は、リスティング広告の設定・操作代行です。

リスティング広告の設定画面は、初めて取り組む人にとってはとても複雑なものです。操作方法は複雑ですが、Googleに連絡したら教えてもらえます。ですが、効果的な広告の出し方は、慣れていくしかありません。

それを、SEMコンサルタントに代行してもらえるとしたら、労力が軽減され、自社の人件費を考慮すると、コスト削減にもつながります。

SEMコンサルタントは、リスティング広告の知識や経験を駆使して設定することによって、なるべく格安で広告枠の1番目に表示されて、なるべくクリックしてもらえるような文言を提案・設定してくれます。

SEO対策特有の支援内容

SEO対策特有のコンサルティングでは、ホームページが自然検索で上位ヒットするように設定し、アクセス数を増やすことです。また、ロングテールSEOでは、たくさんの検索キーワードで上位ヒットするように施策してくれます。

今現在のSEO対策では、ロングテールSEOが主流になっているので、コンテンツマーケティングの提案や施策をしてくれることもSEMコンサルタントの支援内容になります。

コンテンツマーケティングの支援内容は、簡単に述べるならばページの量産です。どのようなページを制作したら、狙った検索キーワードで上位ヒットし、集客につながるのかを提案してくれたり、ページの量産を支援してくれたりします。

以上、SEMコンサルティングの種類と支援内容についてご紹介いたしました。ロングテールSEOを主体としたSEO対策によるSEMコンサルティングなら、実績豊富な当社にぜひお任せください。

この記事の著者

平野亮庵

経営・集客コンサルタント
平野 亮庵 (Hirano Ryoan)

国内でまだSEO対策やGoogleの認知度が低い時代から、検索エンジンマーケティング(SEM)に取り組む。SEO対策の実績はホームページ数が数百、SEOキーワード数なら万を超える。オリジナル理論として、2010年に「SEOコンテンツマーケティング」、2012年に「理念SEO」を発案。その後、マーケティングや営業・販売、経営コンサルティングなどの理論を取り入れ、Web集客のみならず、競合他社に負けない「集客の流れ」や「営業の仕組み」をつくりる独自の戦略系コンサルティングを開発する。

プロフィール詳細


「社長の夢実現への道」一覧

ページトップ