本田宗一郎に関する記事一覧

投稿日: / 最終更新日:

社長の徳についての考察

社長には徳があった方が良いですし、これを否定する人はいないはずです。徳のある社長とは、どのような人のことでしょうか。徳について研究の途中経過として、徳のない人/ある人、徳の発生源、徳の成長、徳の評価など、まだ徳のない私が、批判を恐れず大胆に…

投稿日: / 最終更新日:

みづほ自動車製作所の倒産理由から見える価格戦略の正しい考え方

オートバイ「キャブトン」で有名な、みづほ自動車製作所は、本田宗一郎に負けないぐらいの優秀な技術者であった内藤正一が創業者です。1950年代の競争の激化で価格戦略に失敗し、倒産しました。みづほ自動車製作所の倒産理由から、価格戦略の正しい考え方…

投稿日: / 最終更新日:

ドラッカーのイノベーション7つの機会とは?わかりやすく解説

イノベーション7つの機会とは、ドラッカーが提唱したイノベーションを体系的に起こすことができる機会のこと。7つの機会なのに、実は9つあります。意味や活用方法など現在の事例や国内の事例てわかりやすく解説します。7つの機会を日頃から意識することで…

投稿日: / 最終更新日:

会社を成長させたトップは知っているナンバー2の必要性

会社を成長させたい場合には、トップの補佐役となる理想的なナンバー2の存在が不可欠です。ナンバー2との役割分担、ナンバー2との出会い方、負けず嫌いの社長の注意点など、ナンバー2といっしょに会社を成長させるトップの心構えをまとめました。志のある…

投稿日: / 最終更新日:

新規事業に参入して失敗しないための考え方

新規事業に参入して失敗しないために、社長にぜひとも知っておいてもらいたいことを、小さな事業から巨大な事業についてまで述べました。新規事業に参入して失敗しないためには、資金や採算性だけを考えてはいけません。新規事業を進めるべきか悩んでいる社長…

投稿日: / 最終更新日:

自社の商品やサービスの強みを発見する方法

自社の商品やサービスの強みが明確になると、それを利用した顧客の満足度が高まり、売上高も高まります。自社の商品やサービスの強みを発見する2つの方法をご紹介します。強みは変化するのでときどき白紙で強みを考えることも大切です。…

投稿日: / 最終更新日:

中小企業のビジョンはどのようなものにすべきか?

中小企業のビジョンの考え方をまとめました。「中小企業なので、自社の実力を考えたら小さなものが良のか、社長の志としては日本一を目指したいし」といったことで迷われることでしょう。大きな企業ビジョンを考える社長のために、実現方法と注意点についても…

投稿日: / 最終更新日:

高い志を掲げる社長の効用!その志に人材が集まる

会社が小さいうちから「日本一の会社にしたい」、「世界一の商品を開発したい」などという高い志を掲げる社長は、それを実現するための理想のナンバー2を求めてください。理想のナンバー2の意味や、事業を急発展させられる人材、理想のナンバー2が事業に参…

投稿日: / 最終更新日:

本田宗一郎と藤沢武夫から学ぶトップとナンバー2がうまくいく条件

会社にナンバー2が入り、トップとナンバー2がうまく連携できると、経営の壁を突破し、今まで以上に会社が成長します。そのための理想のナンバー2の条件を、本田技研工業の本田宗一郎と藤沢武夫から考察しました。藤沢武夫の経歴と併せてご覧ください。…

投稿日: / 最終更新日:

コンサルタントも120%の良品を目指すエンジニアたれ

本田技研工業株式会社の創業者である本田宗一郎の書籍に「スピードに生きる」があります。60年以上も前に述べられたことをまとめた本ですが、今でも新鮮さを感じる理由は、実証された経営哲学だからです。その中の「120%の良品」について感じたことを述…

ページトップ