経営理念に関する記事一覧

投稿日:

企業文化の醸成とは?

企業文化の醸成とは、要するに、社長の何らかの考え方を社員全員に浸透させ、定着させることです。企業文化が醸成した状態とは、そのような企業文化が定着した状態のことです。企業文化の醸成のカギは、経営理念に基づいた業務マニュアルづくりにあります。そ…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念とは?社長のための経営理念作成浸透マニュアル

経営理念とは何かを定義しつつ、経営理念の内容や構成、作成方法、作成での注意点、浸透方法、既存の経営理念の見直しなど、経営理念に関することを全方位的に述べました。これから経営理念作成をされる社長、作成した経営理念を浸透させたい社長、古い経営理…

投稿日:

ビジョンと経営理念の違い

経営理念を作成したい、ビジョンを作成したいとお考えの社長向けに、ビジョンについて、定義や経営理念との関連性を明確にしつつ、ビジョンの作り方、内容などをまとめました。ビジョンの内容は、会社の規模に応じて異なります。自社に合ったビジョンを作成し…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念を策定したら売上高や利益の数値目標をどうすべきか?

経営理念を策定し浸透し始めたら、それに基づいた経営計画を立て、売上高や利益などの数値目標に落とし込んでいきます。経営理念を柱とし、企業ビジョン実現のための数値目標の立て方や、経営理念を策定する以前の数値目標や利益との兼ね合い、社員に新しい数…

投稿日: / 最終更新日:

経営方針のない会社はどうすれば良いのか?

要するに「経営方針を作ってください」ということです。「自社を立派な会社にしたい」とお考えの社長は、ぜひとも経営方針の意味を理解し、経営方針の策定にチャレンジなさってください。一方、社員の立場で経営方針のない会社に就職したら、自分の仕事能力を…

投稿日: / 最終更新日:

理念経営を実現する正しい経営理念と本物の経営理念

経営理念を策定して浸透させ、理念経営を実現するためには、正しい経営理念であり、なおかつ本物の経営理念を作成する必要があります。そして、それを正しく浸透させられたときに、経営理念が機能して理念経営が実現されていきます。この記事では、理念経営を…

投稿日: / 最終更新日:

企業ビジョンとは?企業ビジョンの例と経営理念の関係

企業ビジョンとは、企業が目指していることをビジョン化したものです。この記事では、企業ビジョンの意味、事例、作成するメリットなどをご紹介いたします。会社のビジョンを作成し、浸透させ、全社で目指す方向性を明確にし、社員の気持ちを一体とし、世の中…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念を見直すべきタイミングとは?

理念経営を実践している社長の中には、社長が掲げた、もしくはすでに掲げられている経営理念を、「見直したい」と思う場合があります。この記事では、経営理念を変更しても良い理由をご説明しつつ、経営理念を見直すタイミングを明確にし、それぞれのタイミン…

投稿日: / 最終更新日:

中小企業はどのような経営理念を作成すべきか?

従業員数が30名以下の中小企業であっても、一般採用をし始めたら、事業規模を拡大するためには、経営理念が必要になります。中小企業がどのような経営理念を作成すべきなのか、経営理念を作成するタイミングや進化などについて解説いたします。経営理念の作…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念浸透プロジェクトのリーダー適任者は誰か?

経営理念の浸透は、会社全体のプロジェクトとして実施させて、時間をかけてでも会社を理念経営にしていきます。経営理念浸透プロジェクトとして発足し、全社に浸透させていきます。経営理念浸透のプロジェクトを担当するリーダーに相応しい人材はどういった役…

投稿日:

経営理念を浸透させても理念経営が実現しない理由

経営理念が完成し、それを浸透させても、なかなか理念経営が実現しないことに、お悩みの社長は多いことでしょう。もしかしたら、経営理念がまだ浸透し切っていないのに、社長が「経緯理念が浸透した」と勘違いしている場合もあります。経営理念の浸透段階や、…

投稿日: / 最終更新日:

社員の仕事に対するやりがいは貢献と成長

多くの社長は、「社員にやりがいを持って仕事してもらいたい」とお考えのことでしょう。人間関係には法則があり、それを知らなければ、社長も社員も「給料=やりがい」と考えがちです。実のところ、社員の仕事に対するやりがいの源泉は貢献と成長です。社員の…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念を完成させた社長が普段から取り組んでいること

経営理念は単に作成しただけでは、すぐに形骸化してしまいます。経営理念を作成するときに、社長の事業にかける情熱を経営理念に込めると、本物の経営理念となります。本物の経営理念を作成する社長が、共通して普段から取り組んでいることがあります。立派な…

投稿日:

自社の経営理念は社員のやる気を引き出せる内容か?

経営理念が本物であり、正しく浸透させられたら、社員を鼓舞しやる気を引き出し、社員が成長し、会社に活気が出ます。自社の経営理念が社員のやる気を引き出せるものなのかどうかの判定ポイントをご紹介いたします。新しく経営理念を作成された社長や、経営理…

投稿日: / 最終更新日:

経営指針とは?経営理念との関係や浸透方法

経営理念用語の一つとして「経営指針」があります。経営指針とは、会社の未来ビジョンを実現するための、経営幹部が経営判断するための基準です。読み方は、「けいえいししん」です。経営指針について、当社で定義している意味や経営指針を作成する理由、経営…

投稿日: / 最終更新日:

なぜ経営理念の作成は時間がかかるのか?

経営理念の作成は、1~2ヶ月でできるものではなく、考え続けてできるものですので、場合によっては作成に何年もの時間がかかります。経営理念の作成に時間がかかる理由や、なるべく作成時間を短縮する方法をご紹介します。経営理念の作成に悩まれたら、当社…

投稿日: / 最終更新日:

会社のビジョンを変更してもよい条件とは?

会社のビジョンを掲げても、そのビジョンを変更したいと思う場合があります。そのタイミングは、1.ビジョンの実現をあきらめたとき、2.ビジョンを達成してしまったとき、3.客観情勢が大きく変わったとき、4.より大きなビジョンを目指したいと考えたと…

投稿日: / 最終更新日:

会社のビジョンとは?ビジョンの内容や作成方法など

ビジョンとは、会社が事業活動を通じて未来に実現させたいことを、社員全員が具体的にイメージできるように表したもののことです。会社の未来ビジョンを文章や絵で表します。会社のビジョンとはどういったものなのか、どういったビジョンを作成したらいいのか…

投稿日: / 最終更新日:

社員の仕事能力向上のために行動指針に入れるべき内容とは?

仕事の基本姿勢が身に付いた社員が、さらに仕事能力を向上させ、高い成果を上げられるようになるための実践的な内容を挙げました。行動指針には、仕事の基礎や考え方の上にここで述べる付加価値の内容を盛り込み、習慣化することで、会社の戦力となり、管理職…

投稿日: / 最終更新日:

ミッション・パーパス・経営理念など何を作成したらいいのか?

会社の経営哲学を作成しようとしたときに、パーパスやバリュー、ミッション、ウェイなど、何を作成したらいいのか迷われた経営者に向けて、自社の経営哲学を作成する方法を示したいと思います。なぜ用語で迷うのかの理由や、経営哲学を作成するときの大切な考…

ページトップ