経営理念に関する記事一覧

投稿日: / 最終更新日:

社長の徳についての考察

社長には徳があった方が良いですし、これを否定する人はいないはずです。徳のある社長とは、どのような人のことでしょうか。徳について研究の途中経過として、徳のない人/ある人、徳の発生源、徳の成長、徳の評価など、まだ徳のない私が、批判を恐れず大胆に…

投稿日: / 最終更新日:

社員が原因で経営理念が浸透しないパターンと対策

入念に練り込まれた正しい経営理念を策定しても、社員が原因で経営理念が浸透しない場合があります。その主な理由5のパターンと対策、社員に経営理念を理解してもらうために社長が取り組むべきことをまとめました。経営理念を浸透させて、立派な会社を目指さ…

投稿日: / 最終更新日:

社長が原因で経営理念が浸透しないパターンと対策

経営理念が浸透しないことでお悩みの社長からのご依頼で、経営理念浸透の支援経験から、社長が原因で経営理念が浸透しない14のパターンをまとめました。社長ご自身が浸透しない原因に気付いていない場合もあります。パターンに当てはまる場合は、その逆をす…

投稿日: / 最終更新日:

事業ビジョンと企業ビジョンの違いは?

事業ビジョンとは事業の未来ビジョンのことです。企業ビジョンは、事業ビジョンを含む企業全体の未来ビジョンのことです。事業ビジョンと企業ビジョンの意味や違い、作り方、事例、浸透方法をまとめました。企業の規模によって、事業ビジョンと企業ビジョンの…

投稿日:

浸透しやすい経営理念/浸透しにくい経営理念

経営理念を構築したら浸透させて初めて機能しますが、経営理念の内容と社長のスタンスによって、浸透しやすい経営理念と浸透しにくい経営理念に分かれます。結局のところ、浸透のしやすさは本物の経営理念を構築できたかどうかです。浸透しやすい本物の経営理…

投稿日: / 最終更新日:

従業員のモチベーションを高める経営理念とは?

一度でも経営理念の策定を試みた社長は、経営理念とはどういったものか悩んだことがあるはずです。経営理念の浸透で従業員が受け入れてくれてモチベーションが高まり、会社の空気を変える経営理念とはどういったものなのか、構成要素や作成でのスタンスを考え…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念コンサルタントによる経営理念の作り方

経営理念は策定して終わりではなく、浸透させて人材が育ち、立派な会社に成長させていくことが大切です。そのためにも、経営理念は「機能するものを策定すべき」です。経営理念コンサルタントがクライアント社長とのセッションを通じて、機能する経営理念を作…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念と連携の取れたホームページとは?

経営理念から派生した経営計画に基づいて制作されたホームページが「経営理念と連携の取れたホームページ」です。経営理念策定前のホームページ製作も可能です。会社のイノベーション段階に応じてホームページを改修していくことが大切です。…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念は誰のために創るのか?

経営理念を創る大きな目的は、立派な会社を創ることでしょう。経営理念は誰のために創るのか。それは、「社長自身のため」に創ることが実のところです。その理由を述べたいと思います。…

投稿日: / 最終更新日:

中小企業における事業ビジョンの作り方

事業ビジョンの作り方は、コンサルタントによって異なります。当社のコンサルティングでの事業ビジョンの作り方は、社長の志や経営理念から作る方法、顧客を明確にして作る方法の2種類あります。…

投稿日: / 最終更新日:

浸透させやすい経営理念の条件

経営理念には、浸透させやすい経営理念と、浸透させにくい経営理念があります。そのことを知らないと、社員に浸透させられずに悩んでしまいかねません。このコラムでは、経営理念が社員に浸透しない理由や、浸透させやすい経営理念の条件をまとめました。…

投稿日: / 最終更新日:

社是と社訓の違い

社是とは、会社が正しいとする考え方、基本理念や企業ビジョンが含まれたもの。社訓とは、会社の教え「行動指針」のこと。社是と社訓を組み合わせて浸透させると、社員の仕事の質が高まり、時間が価値を生むようになります。社是と社訓の違いや社是と社訓の両…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念の構成要素

経営理念を構成する4つの要素は、基本理念、企業ビジョン(全社目標)、経営方針、行動指針です。この4つがあって経営理念の本質が発揮されます。経営理念の構成要素と、経営理念用語をご自身で定義することについてご説明いたします。…

投稿日: / 最終更新日:

経営理念を基準としたペルソナマーケティングのご提案

商品やサービスの開発や改善に有効なペルソナマーケティングですが、ペルソナを想定したときに、「本当にこのペルソナで良いのか?」と悩まれた方は多いことでしょう。そのような方に、経営理念を基準としたペルソナの想定をご紹介したいと思います。…

ページトップ