社長の夢実現への道

ネット検索で上位ヒットしなくなったときの原因と対策

投稿日: / 最終更新日:

ネット検索で上位ヒットしなくなったときの原因と対策

この記事をご覧になられている貴方は、もしかしたら「今まで自社ホームページがネット検索で上位ヒットしていたのに、突然検索順位が検索結果の2ページ目以降に下がってしまった」と驚かれた方かもしれません。

また、ホームページ制作会社の方であれば、お客様から「検索順位が下がってしまった」とクレームが入ったのかもしれません。

このに、ネット検索でホームページの順位が突然下がることは、当社のお客様でも、ときどきあることです。

ネット検索は主にGoogleです。「Yahoo!検索もある」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、Yahoo!やGoogleエンジンを採用しているので、検索結果の内容は同じです。ですので、Google向けにSEO対策して上位ヒットしたら、Yahoo!でも上位ヒットします。

次の目次に沿って、Googleでネット検索したときに検索順位が下がってしまった場合の、原因と対処法について、ご説明いたします。

Google検索での順位の下がり方

Google検索で、検索順位の下がり方にはいくつかの種類があります。大まかには、次の3種類です。

  • 少しずつ検索順位が下がっていく
  • いきなり検索順位が大幅に下がってしまったまま、順位が戻らない
  • いきなり検索順位が下がってしまうが2~3日で元に戻っている

それぞれ、原因と対策をご説明いたします。

少しずつ検索順位が下がっていく

このような検索順位の下がり方は、競合ホームページが多い場合によく起こります。

SEO対策は、自社ホームページだけでなく競合ホームページも行っていることがあります。そちらのSEO対策が強くなったり、Googleのアップデートで競合ホームページが少しずつ上がってきたりします。

SEO対策の効果を知っている企業は、SEO対策に力を入れてきています。そういった競合ホームページが多い場合には、日々の戦いになってくることもあります。そういったことで、ホームページが上位ヒットしても、そのまま放っておいたら順位が下がってくることがあります。

この場合の対策は、コンテンツSEOをしている場合であれば、同じようなテーマの記事をいくつか投稿し、それらのページ間で相互リンクを張ります。コンテンツSEOを行っていない場合は、商品やサービスを説明しているページに下層ページを入れるなどして、ホームページ全体のページ数を増やすと良いです。

下層ページとしては、BtoB営業をされている企業であれば、導入事例のページを量産できたら理想的です。

いきなり検索順位が大幅に下がってしまったまま、順位が戻らない

3つの検索順位の下がり方の中で、もっとも気になるのが、2つ目の「いきなり検索順位が下がってしまって、戻ってこない」というパターンです。

例えば、今まで特定の検索キーワードでネット検索したときの検索順位が、3位や4位といった上位にヒットしていたのに、いきなり何十番台といった下の方に下がってしまったパターンです。いきなり下がってしまう場合と、少し検索順位が下がったと思ったら、いきなり2ページ目に下がり、しばらくしたら40番台や50番台にまでさがっていく場合があります。

このパターンの場合でも、検索準備を復活させられる可能性があります。

コンテンツSEOを行っている場合は、検索順位が落ちてしまった検索キーワードに関連するコンテンツページを制作します。その場合、競合ホームページよりも文字数を多くしたり、SEO対策を強化します。

コンテンツSEOを行っていない場合は、トップページや主要ページの文字数を増やすと効果的です。

いきなり検索順位が下がってしまうが2~3日で元に戻っている

検索順位が2~3日で戻ってくる場合は、あまり気にしなくても良い場合が多いです。

この場合は、検索順位が下がってしまって焦る気持ちが出てくるものですが、「2~3日で復活するかもしれない」ということを考えて、あたふたしないことが大事です。変にSEO対策をして、検索順位が下がったままになってしまう可能性もあるからです。

実のところ、2~3日ではなく、10日ほどして戻ってくる場合もあります。こういった場合は、Googleのアップデートでいったん下がってしまった検索順位が、より戻しで検索順位が復活していることが多いです。

検索順位の変動が気にならないようにするためにも、コンテンツSEOを行って、安定的に上位ヒットさせられるように、ホームページを構築していくことをおすすめします。

今まで1位だったものが100位以内にも出て来なくなった場合

今までネット検索での検索順位が1位だったものが、いきなり100位以内にも入らなくなってしまう場合もあります。

当社のお客様でも、何社かこのような経験をした企業様がありました。

いきなり100位以下に下がってしまった原因

そのお客様のホームページで、いったい何が原因していたのか。その原因は次の2種類です。

  • サーバー代やドメイン代の支払い忘れ
  • 強引なSEO対策

サーバー代を払い忘れてホームページが消えてしまった事例

1つ目の「サーバー代やドメイン代の支払い忘れ」は、ときどきあります。

とある小さな工務店のお客様でのエピソードをご紹介いたします。

そのお客様には、あまりご予算がない会社でしたので、なるべく費用を抑えるために、サーバーの管理をお客様にてお願いいたしました。そこで、お客様にてエックスサーバーとご契約いただきました。

1年ほど経過して、お客様からお電話があり、「ホームページが見られなくなった。メールも使えない」とのご連絡をいただきました。確認したところ、確かにホームページが見られなくなっています。当然ながら、Googleの検索結果からもホームページが消えていました。

お客様に「サーバー代はお支払いになられましたか?」と聞くと、「そういえば何かメールが来ていた。それを払う必要があったのだな。」とのご返事でした。

当時のエックスサーバーは、運営会社が「株式会社ベット」だったので、「このような会社との取引はない」ということで、無視してしまったようです。

すぐさまサーバー契約を開催して、ホームページを表示させるようにしました。ネット検索も、1週間ほどしたら同じ検索順位に戻ってきました。

中小企業では、このような事例が相次いだので、サーバー会社は一般的なところのものを利用するとしても、管理を当社で行うように提案しています。

強引なSEO対策をしたお客様の事例

10年と少し前のお客様で、金融系の商売をされている企業のSEO対策の事例です。金融系の検索キーワードのSEO対策は、当社では力不足ですので、コンテンツSEOをご提案いたしました。

コンテンツSEOでアクセス数を伸ばしていたのですが、ご契約が終了して半年ぐらいのときに、突如ご担当者様からお電話がありました。「Googleからペナルティを受けたようで、今前1位か2位だったのに、急に100位以内にも入っていない」というものでした。

どのようなSEO対策をしていたのか聞いたら、「とあるSEO業者に任せて、強引なSEO対策をしてもらった」とのことでした。

その甲斐あって難易度が非常に高い検索キーワードで1位でしたので、相当な実力のある業者に依頼され、相当な費用を掛けていました。当社で調べたところ、やはりGoogleからペナルティを受けていました。

ホームページがブラウザで見られるかを確認する

今まで1位だったものが100位以内に出て来なくなった場合、まずブラウザで自社ホームページが表示されるかどうかをご確認ください。

もし表示されなければサーバーやドメインの設定などが原因です。ホームページが表示されるようであれば、Google検索の順位が下がってしまったことが原因です。

Google検索の順位が下がった場合のペナルティの可能性

Google検索のペナルティでは、手動によるペナルティと自動的なペナルティがあります。手動によるペナルティは、サーチコンソールで確認することができます。

手動によるペナルティ

サーチコンソールとは、Googleが提供している無料のWebツールで、自社ホームページがGoogleにどのように認識されているのか、どのような検索キーワードで自社ホームページに訪問があったのかなどを調べることができます。

次の図のように、左側のナビゲーションにある「セキュリティと手動による対策」をクリックし、「手動による対策」をクリックします。すると、図のような画面になります。

サーチコンソールの「手動による対策」のチェック

この図は、このホームページのサーチコンソールの表示内容ですが、「問題は検出されませんでした」と表示されているので、手動による対策はなされていません。

手動による対策があった場合は、「問題が検出されました」と表示され、その問題の内容も表示されます。対策をしたら、「審査をリクエスト」ボタンをクリックし、反省文を入力して送信します。

自動的なペナルティ

Googleには、アルゴリズムによる自動的なペナルティもあります。Googleは、「良いホームページを上位ヒットさせたい」と考えています。そのため、Googleが自動的に、「質の低いホームページだ」と認識すると、検索順位が下がってしまうのです。

その場合は、質の低さの要因となっている部分を改善すると、自然に検索順位が戻ってきます。

ただし、以前の検索順位まで戻ってくるかどうかは難しいです。

Googleからペナルティを受けないように、Google 検索の基本事項は一読ください。

以上、ネット検索で今まで上位ヒットしていたのにもかかわらず、いきなり検索順位が下がってしまった場合の、検索順位の下がり方や、検索順位が下がった原因と対策について述べてきました。

検索順位が下がってしまって困った企業様は、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

平野亮庵

経営・集客コンサルタント
平野 亮庵 (Hirano Ryoan)

国内でまだSEO対策やGoogleの認知度が低い時代から、検索エンジンマーケティング(SEM)に取り組む。SEO対策の実績はホームページ数が数百、SEOキーワード数なら万を超える。オリジナル理論として、2010年に「SEOコンテンツマーケティング」、2012年に「理念SEO」を発案。その後、マーケティングや営業・販売、経営コンサルティングなどの理論を取り入れ、Web集客のみならず、競合他社に負けない「集客の流れ」や「営業の仕組み」をつくりる独自の戦略系コンサルティングを開発する。

プロフィール詳細


「社長の夢実現への道」一覧

ページトップ