コンサルティングの内容に関する質問

経営理念コンサルティングは、どのような会社が導入すべきですか?

経営の原理・原則に基づいて構築された正しい経営理念は、あらゆる業種、あらゆる規模の会社の経営力を非常に向上させる力を持っています。

全社員が力を合わせて一つの目的に向かう一体感を持ち、社員同士が互いに高め合い、助け合う素晴らしいチームをつくり上げ、顧客の創造という成果を習慣化したい社長にご導入いただければ、大きな成果をお約束できます。

コンサルティングは、何人ぐらいのチームで行われますか?

経営理念構築フェーズは、コンサルタント1人で行います。経営理念浸透研修やリーダー育成フェーズに入ると、事業規模に応じて2~3人で対応することもあります。

経営理念はどのように作るのですか?

経営理念づくりの要諦は、100%社長の考えでつくり上げることです。コンサルタントの考えが入り込んでしまえば、社長が「これこそが、わが社の理念だ」と惚れこむような理念にはなり得ません。

経営理念コンサルティングの方法は、経営発展コーチング・メソッドを用います。社長が安心して心を開ける信頼関係を築き、社長の言葉を傾聴し、質問によって言葉にならなかった社長の心の声を聴き取って、それを言葉として結晶してゆきます。

このやりとりを、3時間を1回として月3回前後の頻度で面談させていただき、対話を行うなかで経営理念をつくり上げてゆきます。遠隔地の方や出張等でお会いできない場合は、Skypeなどのツールを使っての面談に対応いたします。

経営理念コンサルティングで対応できるソリューションは何ですか?

経営理念の作成・浸透支援、経営幹部の養成支援、経営理念に基づいた新規事業の立ち上げ支援などです。チームコンサルティングにより、マーケティングや集客のご支援も可能です。

経営理念コンサルティングで対応できるソリューションは何ですか?

経営理念の作成・浸透支援、経営幹部の養成支援、経営理念に基づいた新規事業の立ち上げ支援などです。チームコンサルティングにより、マーケティングや集客のご支援も可能です。

経営理念コンサルティングの成果物は何ですか?

ご要望により異なります。経営理念(基本理念、企業ビジョン、経営方針、行動指針)を基本として、経営理念解説書、経営計画などの作成もご支援しています。

経営理念は、どれぐらいの期間でできますか?

月3回程度の面談で、10カ月程度で出来上がることが多いです。経営の課題解決をしっかり行いたい方の場合、回数を増やしたり、時間をかけたりすることがあります。

経営理念の「ひと言」を作るのに10カ月もかかるのですか?

「ひと言」で表現されたものは、経営理念の中の「基本理念」に該当します。経営理念づくりでは、基本理念の他に、企業ビジョン(全社目標)や経営方針、行動指針などもつくります。

経営理念コンサルティングの面談では何をすればいいですか?

経営理念コンサルタントの質問に、直観的に答えるだけです。経営上の悩みがある場合は、そのご相談にも対応いたします。

経営理念コンサルティングの面談では、どのようなことを聞かれますか?

社長が起業した経緯や熱意、将来に実現したいこと、人生の中でつかんだ教訓、社員にどうなってもらいたいかなどを深く聴いていきます。

経営理念ができたらコンサルティングは終了ですか?

ご要望により、経営理念発表会、経営幹部の理念勉強会開催、従業員への経営理念浸透研修、経営計画の策定などをご支援いたします。

経営理念の浸透のみを行ってもらえますか?

経営理念を構築された社長にセッションをさせていただき、本物の経営理念をすでに構築されているのであれば、篠津のご支援をさせていただきます。まだ、本物の経営理念に昇華できていない場合は、経営理念の構築からご支援いたします。まずは、体験コンサルティングをお申込みください。

社内コーチの養成をしてもらえませんか?

対応させていただきます。貴社のみの個別研修、もしくは別会場でのオープン研修をご用意しています。オープン研修については、ビジネスコーチ養成講座をご覧ください。

経営理念が作成し終えたら、コンサルティングの回数を減らして経営相談のみを行っていただけますか?

もちろん対応させていただきます。また、そのようにご要望されるクライアント様が多いです。

ご不明なことがございましたら、お気軽にIngIng事務局までお問い合わせください。

その他の質問を見る

経営理念コンサルティングに戻る

ページトップ