経営理念の意味に関する質問

経営理念にはさまざまな用語があり、それらの意味も企業によってバラバラです。そこで、このページでは、チームコンサルティングIngIngにおける経営理念の用語の定義をおこないました。所説あると思いますが、独自に用語を定義する目的として

  1. 企業によって用語に定義がバラバラなので、わかりにくい。
  2. 経営理念の意味を明確にして、クライアント企業様に機能する正しい経営理念を作ってもらいたい。
  3. クライアント企業様とコンサルタントで同一の定義を持つことで、話がしやすくなる。

経営理念用語のそれぞれの意味には諸説ありますが、ご意見やアドバイスを頂けましたら幸いです。

経営理念に関連する用語にはどのようなものがありますか?

主なものとして、経営理念、企業理念、基本理念、存在目的、全社目標、経営目標、企業目標、パーパス、ビジョン、ミッション、スローガン、クレド、社是、社訓、経営方針、経営指針、行動指針、行動規範、ウェイ、バリュー、CSRがあります。

経営理念とは何ですか?

経営理念は、本当にさまざまな意味で用いられています。そこで当社では、経営理念とは次の4つの要素を含んだパッケージ化されたものと定義しています。

  1. 基本理念
  2. 企業ビジョン(全社目標)
  3. 経営方針
  4. 行動指針
経営理念に含まれる基本理念、企業ビジョン(全社目標)、経営方針、行動指針のピラミッド
基本理念とは何ですか?

基本理念とは、会社の存在目的と価値観が含まれる、定性的な表現の文章で構成さたものです。短い一言で表されたり、文章や箇条書きで表されたりすることもあります。社是と同じ意味です。

例えば、「未来の子供たちに美しい地球を」というものです。

ミッションとは何ですか?

ミッションは、直訳すると使命です。ミッションの語源はラテン語で「送る」などを意味する「mittere」で、キリスト教での本来の意味は「伝道」だそうです。それが広義で「使命」と訳されるようになりました。

ですので、企業におけるミッションとは企業が持つ使命のこと。つまり存在目的のことで、基本理念と同じ意味になります。ミッションステートメントと言われることもあります。

企業ビジョンとは何ですか?

企業ビジョンとは、会社をあげて最終的に実現したい、社会貢献を含めた定量的な目標のことです。基本理念やミッションが実現した姿のことです。単にビジョンと言ったり、全社目標と言われたりすることもあります。

ビジョンは「見えること」ですから、明確に描かれた目標でなければなりません。例えば、「地球から公害をなくす」というものです。この例では、地球全体や公害ゼロという、壮大で定量的な目標になっています。

経営方針とは何ですか?

経営方針は、基本理念や企業ビジョンを達成するために、経営幹部が採るべき判断基準のことです。

企業によっては、年度の会社の方針のことを指す場合があります。その場合、「2021年度経営方針」などと、年数を入れることが多いです。経営理念の経営方針と区別するために、「戦略方針」と言ってもよいと思います。

行動指針の詳細は、こちらのページをご覧ください。

行動指針とは何ですか?

行動指針とは、社長をはじめ会社に属する全従業員が取るべき行動のことです。社訓とも言われます。行動指針に従って行動すれば、正しい考え方ができ、仕事で成果をあげることができ、しいては、出世をして人生を豊かにできます。

つまり、行動指針は経営理念の構成要素の一つで、企業ビジョン実現のための方法が書かれたものだと言えます。

社是とは何ですか?

社是とは、会社が是とするもの、会社が正しいとする考え方、つまり会社が大切にしている価値観を表したものです。別の表現では「基本理念」としている場合が多くあります。

社是と社訓の違いは、こちらのページをご覧ください。

社訓とは何ですか?

社訓とは、「会社の訓え」ということですから、全社員に要望する行動指針のことです。

社是と社訓の違いは、こちらのページをご覧ください。

その他の質問を見る

経営理念コンサルティングに戻る

ページトップ